自分の出会い系必勝法

必勝法というものでもないのですが、自分にとて出会い系での出会い確率を上げたのは「ひとりの人に連絡をし続ける」ということです。別にひとりに絞らなくても相手にはわからないのですが、こっちが意識が分散してしまうというのが嫌なんですよね。返事がもらえなくても「この人がいい」という人を決めて、同じ人に1日1回はメールをし、今日あったことなんかをそれとなく書いていました。相手が日記を書いているなら、それについての内容も書いたりしていました。それを2週間ほど続けて、急にしないようにします。大体1週間ぐらい止めます。相手は僕のプロフィールのところに足跡をつけたりして、様子を見に来ているのはわかります。これで全く様子を見に来ないようならのぞみは薄いのですが無料出会い系サイト見に来ているのであればかなりの可能性はあります。日記などを普段は書いていても、その間は更新しません。一週間ほど経過した辺でまた出会い系にインして、相手を訪問します。その時に「どうしてたの?」という初めての返事をしてくれることがセフレ案外多いんですよ。むこうは急にこなくなられると、変な寂しさを感じるのでしょう。再び来たことで、安堵するのかもしれません。そこから親密になるのには、あまり時間はかかりません。「携帯の調子が悪かった」でもいいですし、「体調を崩していた」でもいいですし、海外出張だったでも、理由はなんでもいいんです。女性側は「自分があんまりじらしたから逃げてしまったのかしら」などを思っていますし、連絡が取れなくなることに「このままじゃ嫌だ」という気持ちも生まれています。タイミングよく連絡先を聞けば、簡単に教えてくれるようになるんですよね。とはいえLINEが普及してからは、前ほど連絡先を教えてもらうのに苦労はなくなりました。でもそれだけLINEってブロックしやすいですから、電話番号やメールアドレスほどはありがたみがないんですけどね。一度会えることを完結と考えれば、それもいいかなと。それにそこまで時間をかけてから会ったのであれば、その後の「どうするか」の選択は、コッチがイニシアティブを持てるという利点のあるんですよ。最初にあったときに「付き合ってもいいな」と思える人ならその日にしないで帰ってもいいですし、「これはないな」と言う時には最期まで行くこともOKです。巧く行けば「いつでも呼び出せる都合のいい相手」になるかもしれません。出会い系で「ほんとに付き合いたいな」と思う相手が現れたときには、初日はしないというのが、相手に好感を持たれるかもしれないですね。自分はそうしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です